スポーツにおける水の重要性

スポーツにおける水の重要性

S.Bフィットネス インストラクターインタビュー

ご自身について

現在は、西部ガスグループの西部ガス興商が運営するスポーツクラブS.Bフィットネス佐世保店にて支配人を務めさせていただいております。

業務としては、日々の数字の管理や接客、それからスタジオレッスンも担当しています。人気のプログラムであるシェイプヒート(バーベルエクササイズ)を週4本やっており、私自身、体を動かすのが好きなので、お客さまと接しながらプログラムが出来ることを非常に幸せに感じています。

学生時代は陸上の長距離をしていました。主に5,000mと10,000mです。社会人になってからもマラソンを続けていましたが、どうしても故障しがちだったので、リハビリを兼ねたスイムとバイクでバランス良く体を鍛えることが出来るトライアスロンと出会い、現在に到るまで15年ほど続けています。


仕事のかたわらトレーニングを続けながら、各地で開催される大会に出場してきました。今年の8月の洞爺湖で開催されたアイアンマン・ジャパン北海道(ロングディスタンスと言われスイム3.8km、バイク180km、ラン42.195kmのレース!!)に参加した際、エージ別で好成績をおさめることができたため、来年開催される世界最高峰のレース、ハワイのアイアンマン世界選手権に出場が出来るようになりました。ハワイのアイアンマンはトップアスリートしか出場することが出来ない憧れの大会なので、本当にうれしかったです。

スポーツトレーニングにおける水分の摂取について

スポーツトレーニングにおいて、水分の摂取は様々な意味で重要な役割を担っています。

まず、のどが渇いてから飲むでは遅いのです。のどが渇いた時は体が軽い脱水症状を起こしているため、「こまめに水分を摂取する」ことがとても大事になってきます。一度に大量の水分を摂りすぎると内蔵の負担にもなりますので、多くてもコップ一杯(150~200ミリリットル)を目安にしてください。

トレーニング中は、必ずボトルを携帯します。そして少しづつ飲みながら走っています。また、寒い場合も水分摂取は必要です。吐く息にも水分が含まれてるので汗はかいていなくても体からは水分が失われている状態なので注意が必要です。


ウォーターローディングってご存知でしょうか?長距離・長時間の運動をされる方は聞いたことがあると思いますが、レース前に体を水で満たして、老廃物をスムーズに排泄するために水分を普段より多めに摂取します。

私は良く汗をかくのでに、普段は4リットルくらいの水を摂取していますがレース前には6リットルの水分をこまめにとって体作りをしていきます。そうすると新陳代謝も促されコンディションも良くなります。(※摂取量には個人差がありますのでご注意ください。)


トレーニング中や競技時に摂取する場合の水も重要で、最近は日美水を飲むようにしています。 日美水は軟水なので体に吸収されやすく運動中の摂取に適しているんです。硬水とバランス良く摂取して、自身の体調を上手くコントロールし、常に万全の態勢で日々の生活、そして本番(競技)に臨めるよう心掛けています。


S.Bフィットネス


S.Bフィットネスは西部ガスグループの西部ガス興商が運営するスポーツクラブ。飯倉店、横手店、佐世保店の3店舗があり、経験豊富なトレーナーと充実した設備で皆様の健康づくりのお手伝いをします。

S.Bフィットネスグループ公式HPはこちら


■S.Bフィットネスサンテ飯倉店

住所 福岡県福岡市城南区飯倉1-4-34
TEL 092-844-1212

■S.Bフィットネス福岡横手店

住所 福岡県福岡市南区横手1-7-1
TEL 092-593-2822

■S.Bフィットネス佐世保店

住所 長崎県佐世保市万津町7-36 ニシコーリビング佐世保7・8・9階
TEL 0956-23-6177

お申込み・お問い合わせはフリーダイヤル0120-0141-32まで

WEBでのお申込み

ウェブ上で記載の金額は全て8%消費税込み価格となります

お申込み等はこちら

今すぐ申し込む

お問い合わせ

ご紹介キャンペーン

キャップシールキャンペーン

ご家族に合わせた利用の目安

日頃のお手入れをビデオで解説

おトクなずっとクリティアプラン

日美水をお取り扱いいただいている取次店さま一覧

販売パートナー募集

スタッフブログ

お取次店様はこちら

お取次店様専用ページ